仕事・転職

HSS型HSPの適職を5つ紹介【体験談あり】

HSS型HSPの適職を5つ紹介【体験談あり】
  • HSS型HSPに向いてる仕事ってなんだろう?
  • HSS型HSPの適職が知りたい

そんな声にお答えしていきます。

どうも、HSS型HSPの筆者アオバ(@aoba_blog)です!

  • なんでどこの職場でも上手くいかないんだろう?
  • どうしていつも仕事が続かないんだろう?

このように、苦労しているHSPの方も多いかと思います。

アオバ
アオバ
僕もそうでした…

などなど、僕もHSP気質が原因で苦労することが多々ありましたが…

HSPの長所を活かすことに専念したおかげで、現在はかなり精神的に楽になりました。

そんな僕の体験を踏まえ、ここでは

  • HSS型HSPに向いている5つの仕事
  • HSS型HSPが仕事選びの際に気を付けるべきポイント

を紹介していきます。

HSS型HSPの適職を5つ紹介【体験談あり】

ここでは、HSS型HSPの適職を体験を踏まえて紹介していきます。

まず簡単にまとめると以下の通り。

HSS型HSPの適職
  1. マッサージ師・セラピスト
  2. カウンセラー
  3. 個人事業主・フリーランス
  4. 営業職
  5. ブロガー

通常のHSPとは違った職業も選択肢に入ってきますよ。

HSPに向いている仕事について詳しく知る

HSPに向いてる職業を実体験から5つ紹介【もう安心】
HSPに向いてる職業を実体験から5つ紹介【もう安心】「HSPに向いてる職業・適職はなんだろう?」そんな声にお答えすべく、HSPの筆者がおすすめの仕事や向いてる職業、HSPに向いてないと感じた仕事、HSPが適職を見つけるためのポイントを紹介していきます。...

では、それぞれ詳しく解説していきます。

マッサージ師・セラピスト

マッサージ師・セラピスト
  • HSS型HSPなら人と話すのも平気
  • カウンセリングでHSPの傾聴力を発揮

「サービス業だし、人と話さなきゃいけないんじゃないか…?」

そう思う方もいるかと思います。

しかし外向的な気質を持つHSS型HSPにとっては、人との会話があまり苦になりません。

またHSPの傾聴力も、施術前のカウンセリングなどで役立ちますよ。

お客さんの出入りが激しい店舗だと、疲弊しますし長続きしないかもしれません。

  • マンションなどの一室を借りて or 自室で開業
    →自分のペースに合わせて予約数を調整しつつ、お客さんの対応をする
  • 少人数向けの職場を見つける
    →お客さんが引っ切り無しになることは少ない

というやり方が、HSS型HSPに最も向いているかと思います。

カウンセラー

カウンセラー
  • HSPの傾聴力・共感力を活かす
  • 1対1のコミュニケーションは得意

HSPの長所」でも解説してますが、HSPの強みは何と言っても圧倒的な共感能力

HSPの長所10選【強み・メリットを活かすには?】
HSPの長所10選【強みを活かすには?】困難なことが多いHSPですが、HSPならではの強みを活かせる環境に行くことで力を発揮できます。ここではHSPの筆者が実際に感じている長所やHSPの強みを活かす方法を紹介していきます。...

人の喜びを自分のことのように喜び、人の痛みには親身になって寄り添える…

そんな感性をもっているからこそ、クライアントにしっかり向き合うことができるんです。

また仕事中は1対1の場面がほとんどなので、そこまで多くの人と関わる必要もありません。

余談ですが、僕はかつてカウンセラーを目指していたこともありまして…

面談のロールプレイも何回かやったことがあります。

その際にクライアント役の人から

  • 話しやすくて良かったよ!
  • 相槌も適度にあって、共感してもらえてるみたいで嬉しかった!

と言ってもらえることが多かったです。

アオバ
アオバ
実際にやってみて面白かったし、自分に合ってるかもって思ったよ!

個人事業主・フリーランス

個人事業主・フリーランス
  • 上司や先輩から縛られなくて済む
  • 自分で仕事を取りに行ける

HSPだと、どうしても誰かの顔をうかがってしまい、行動を起こすのが難しいんですよね。

しかし個人事業主・フリーランスなら誰かの目を気にする必要はありません。

  • 計画・スケジュールは自由
  • 予算も自由
  • 仕事選びも自由

すべてが自己責任のシビアな世界ではありますが、すべてが自由の世界でもあります。

アオバ
アオバ
フリーランスで成果を出してるHSPの人はけっこういるんだよ!

特にHSS型HSPの場合、自ら営業をかけるのもそこまで苦ではありません。

僕もフリーランスとして活動してますが、正社員としてホテルで働いてた時代よりも断然楽しいです。

営業職

営業職
  • お客さんに信頼してもらいやすい
  • 勘の良さと洞察力で結果に繋げられる
  • 馴染むとさらに力を発揮する
  • 共感力、傾聴力
  • ほどよい距離感を保つ

HSPのこれらの特性が営業で大活躍します。

しかもHSS型HSPなら、人との会話もそこまで苦になりません。

僕も実際、営業スタッフとして色んな方と話しましたが

なんとなくだけど、話してると温度感が分かる

ということが、けっこうあったんですよね。

で、気づいたら契約を取れてることもありました。笑

アオバ
アオバ
HSPの共感力のおかげなのかな…?ありがたい!!

営業職について詳しく知る

【経験者が語る】疲れるけどHSPでも営業はできる【理由・対処法】
【経験者が語る】疲れるけどHSPでも営業はできる【理由・対処法】かつて営業スタッフとして仕事をしていたHSPの筆者が「HSPでも営業職でやっていけるの?」という声にお答えします。結論だけ言うと、営業はできます。ただ注意点もあります…...

ブロガー

ブロガー
  • 自己表現の場にうってつけ
  • すべての裁量権が自分にある
  • 最初は副業として始めるのがおすすめ

ブログ運営という選択肢もあります。

アオバ
アオバ
中にはブログの収益で生計を立ててる人もいるんだよ!
  • 気持ちを打ち明けられる場ができる
  • 自己表現の場ができる
  • 自分の経験が誰かの役に立つ
  • HSP同士・同じ価値観の人同士で繋がれる
  • 居場所ができる

というように、お金以外のメリットも盛り沢山です。

ただ、正直ブログだけで生活をしていくにはリスクがあるので…

最初は副業として始めるのがおすすめですよ。

実際に僕も

  • 月に数回だけ清掃業の仕事に出る
  • それ以外の時間はブログ・ライターとして活動

というようにしてます。

アオバ
アオバ
うまくいったらブログ・ライターだけにするつもりでやってるよ!

ブログ運営について詳しく知る

【ストレス解消】HSPこそブログ運営をすべき理由【相性最高】
【ストレス解消】HSPこそブログ運営をすべき理由【相性抜群】HSPがブログ運営を始めるメリットを、HSPでもある筆者が紹介していきます。結論だけ言うと、ブログを始まるメリットはかなり大きいです。...

HSS型HSPが適職を見つける際のポイント

ここでは、HSS型HSPが適職を見つける際のポイントを3つ紹介していきます。

まず簡単にまとめると以下の通り。

HSS型HSPが適職を見つけるには?
  1. 自由に行動できるか?
  2. バランスを意識しているか?
  3. 1人の時間を確保できるか?

それぞれ詳しく解説していきます。

自由に行動できるか?

自由に行動できるか?
  • 制限されると力を発揮できない
  • 自由に行動できる、自分の考えで動ける場所がおすすめ
  • 指示に従わないとダメ
  • 上司や先輩が怒るとめっちゃ怖い
  • 周りの目を気にして、なかなか行動できない

このように行動が制限される場所だと、力が発揮できない場合が多いです。

アオバ
アオバ
上司が怒りっぽかったら特にキツい…
  • 自由に行動できる
  • 自分の考えで動ける
  • 自由の考えを尊重してもらえる

そんな場所がおすすめですよ。

バランスを意識しているか?

バランスを意識しているか?
  • HSP(繊細な気質)の特性だけを意識して、仕事を選ぶ
    →途中で飽きる
  • HSS(刺激を求める気質)の特性だけを意識して、仕事を選ぶ
    →疲弊しやすい
  • HSS・HSP両方の特性を意識して仕事を選ぶのがベスト

HSS型HSPが仕事を選ぶ上で一番重要なポイントは、バランス

HSS(刺激を求める気質)、HSP(繊細な気質)のどちらかの気質を無視して仕事を選ぶと、後々かなり大変です。

アオバ
アオバ
僕はこれで失敗して対人恐怖症になっちゃいました…
対人恐怖症で仕事を辞めた話【在宅ワークに切り替えた結果】
対人恐怖症で仕事を辞めた話【在宅ワークに切り替えた結果】対人恐怖症で仕事を辞めた僕が、実際にやってみて良かった在宅ワークを紹介していきます。対人恐怖症で仕事が全然続かなかった僕でもやっていけてるので、とてもおすすめです。...

HSPの繊細な気質だけを優先して仕事を選ぶと

アオバ
アオバ
つまんな~い飽きた~

となってしまいますし、逆にHSSの刺激を求める気質だけを優先すると

アオバ
アオバ
なんかもう全部疲れた…しんどい…

と、すぐに廃人化してしまいます。

HSP・HSS両方の気質のバランスを意識して仕事を選ぶと、後々かなり気楽ですよ。

1人の時間を確保できるか?

1人の時間を確保できるか?
  • 休息の時間も大事
  • 1人になることでエネルギーを回復できる

刺激はもちろん大事ですが、同時に休息の時間も超重要

アオバ
アオバ
HSPは1人になることでエネルギーを回復できるんだよ!

ちなみに僕の場合は

  • 営業の移動時間
  • 休憩時間の散歩

などでエネルギーを回復していることが多いです。

外の空気を吸うだけでも違いますし、景色を見てるだけでストレス解消になります。

HSS型HSPの適職を5つ紹介【体験談あり】|まとめ

HSS型HSPの適職
  1. マッサージ師・セラピスト
  2. カウンセラー
  3. 個人事業主・フリーランス
  4. 営業職
  5. ブロガー

ここで紹介した仕事はほんの一例ですが、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

以上、今回は「HSS型HSPの適職を5つ紹介【体験談あり】」という内容でお届けしました。

こちらもおすすめ!
HSPに向いてる職業を実体験から5つ紹介【もう安心】
HSPに向いてる職業を実体験から5つ紹介【もう安心】「HSPに向いてる職業・適職はなんだろう?」そんな声にお答えすべく、HSPの筆者がおすすめの仕事や向いてる職業、HSPに向いてないと感じた仕事、HSPが適職を見つけるためのポイントを紹介していきます。...
世の中のHSPに退職代行サービスを知ってほしい【実体験から紹介】
世の中のHSPに退職代行サービスを知ってほしい【実体験から紹介】「会社を辞めたいが、どう気持ちを伝えればいいか分からない」「退職のやり取りをする気力が残っていない」というHSPのあなたへ。ここでは退職代行サービスについて紹介していきます。...
【体験談】会社員とフリーランスってどっちがいいの?【メリット・デメリット】
【体験談】会社員とフリーランスってどっちがいいの?【メリット・デメリット】正社員、フリーランスとしての勤務経験がある筆者の体験を踏まえ、会社員・フリーランスそれぞれのメリットとデメリット、会社員・フリーランスに向いている人の特徴などを紹介していきます。...