心理・メンタル

HSPに当てはまる4つの特性「DOES」とは?

HSPに当てはまる4つの特性「DOES」とは?
  • HSPの特徴について、もっと詳しく知りたい
  • 自分がHSPなのか、よく分からない
  • HSPの特性としてよく言われている「DOES」って何?

そんな声にお答えしていきます。

どうも、HSPのアオバ(@aoba_blog)です!

HSPの提唱者であるアーロン博士によると、HSPには共通する4つの特性があるのだそうです。

アオバ
アオバ
4つの特性ことを、英語の頭文字をとって「DOES(ダズ)」って呼んでるよ!

そこで当ブログ「アオバログ」では「HSPに当てはまる4つの特性「DOES」とは?」という内容でお届けしていきます。

  • 自分って本当にHSPなの?
  • HSPが生きやすくなるには、どうしたらいいの?

そんな方の参考になれれば幸いです。

HSPに当てはまる4つの特性「DOES」とは?

  1. D:処理の深さ(Depth of processing)
  2. O:神経の高ぶりやすさ(Overstimulation)
  3. E:全体的に感情の反応が強く、特に共感力が高い(Empathy and Emotional responsiveness)
  4. S:ささいな刺激を察知する(Sensitivity to subtleties)

DOESの読み方は、ダズ。

それぞれの頭文字をとって「DOES」と表記しています。

DOESはアメリカのアーロン博士が提唱した概念で、4つ全てに当てはまるとHSPなのだそう。

アオバ
アオバ
今からそれぞれの内容を詳しく紹介していくね!

D:処理の深さ(Depth of processing)

「DOES」のDとは?
  • 先読みする力がある(少しの説明で、全体像を把握できるなど)
  • 本質を見抜く力がある
  • 物事を深く考えすぎてしまい、決断に時間がかかる

「DOES」のDは、処理の深さのこと。

アオバ
アオバ
要するに「物事を深く考える」「直感が鋭い」ってことだね!
  • 調べ物は気が済むまでとことんやる
  • あれこれ考えすぎてしまい、なかなか決断できない(でもいざ決断すると猪突猛進)

そのような方が多いのではないでしょうか?

これはHSPの方にとっては無意識にやっていることなので、きっかけがなければ気付かないことが多いです。

アオバ
アオバ
僕もHSPを知るまでは、周りの人もそうだと思ってたかも…?

ただ処理が深い反面、逆に「考えすぎ」「仕事が遅い」と言われてしまうこともしばしば…

特に「考えすぎ」は、HSPの方の多くが一度は言われたことがあるのではないかと思います。

O:神経の高ぶりやすさ(Overstimulation)

「DOES」のOとは?
  • 音楽や映画、絵画などの作品に深く感動する
  • 人混みが苦手、疲れてしまう
  • 空腹や痛み、痛みを感じるようなシーンに弱い

「DOES」のOは、神経の高ぶりやすさ。

音や匂い、光、周囲の会話など…

良くも悪くも、周囲からの刺激を過剰に受けやすいです。

アオバ
アオバ
人混みになりやすい街中とか、大人数での飲み会は特に苦手だなあ…
  • 飲み会やパーティーなどに参加すると、どっと疲れる
  • ちょっとしたことですぐに驚いてしまう
  • 人に見られていると緊張する&ミスを連発する

ざっと挙げると、僕の場合はこんな感じ。

他のHSPの方でも、同様の体験をされている方が多い印象です。

もちろん辛い時もありますが、最近になってようやく「しんどいことは多いけど、そのぶん人よりも多く感動できるんだしいいか!」と思えるようになってきました。

E:全体的に感情の反応が強く、特に共感力が高い(Empathy and Emotional responsiveness)

「DOES」のEとは?
  • 誰かが怒られているのを見ると、自分が怒られているかのように感じる
  • 相手のちょっとした仕草や反応で、機嫌や体調が想像つく
  • 言葉を話せない赤ちゃんや動物の気持ちがなんとなく分かる

「DOES」のEは、全体的に感情の反応が強く、特に共感力が高いということ。

  • 映画やマンガの登場人物によく感情移入する
  • 人が怒られていると、自分のことのように感じる

上記は、HSPの方がSNSなどで言っているのをよく見かけます。

特に「人が怒られていると、自分のことのように感じる」に関しては、首がぶっ飛ぶ勢いでうなずきたくなります。

アオバ
アオバ
小学校の時に友達が怒鳴られているところ見て、ガチ泣きしたことあるもん…そのくらい苦手…

HSPの方は、ミラーニューロンという神経細胞の働きが、人一倍活発なのだそうです。

ミラーニューロンとは、簡単にまとめると「相手に起きたことを自分のことのように感じる神経細胞」のこと。

相手の感情を鏡(ミラー)で写したように、同じように感じてしまう傾向が高いんだとか。

S:ささいな刺激を察知する(Sensitivity to subtleties)

「DOES」のSとは?
  • 周囲の変化によく気付く(人の髪色や物の位置など)
  • 冷蔵庫やパソコンなどの機械音が気になる
  • 強い光や日光のまぶしさが苦手
  • 衣類のチクチクする感じなどが我慢できない

「DOES」のSとは、ささいな刺激を察知するということ。

要するに「五感が鋭い」ということですね。

  • スマホの画面が暗すぎて「画面暗っ!こんなの絶対見えてないでしょ!?」とよくツッコまれる
  • 衣服のチクチク感がどうしても気になって、お出かけどころじゃなくなる

僕の例を出すと、こんな感じ。

アオバ
アオバ
中でも特に僕は服のチクチクする感じとか、けっこう気になっちゃうかも…

冬だとマフラーを巻く方が多いと思うんですが、あのマフラーのチクチク感がどうしても我慢できなくて…

マフラーだけは毎回、素材にこだわりつつ、血眼になって探し回ります。

アオバ
アオバ
おかげで最高にイカしたマフラーをゲットできたぜ!Yeah!!

その日の体調によって差はありますが、こんな感じでささいな刺激にも反応しやすい側面があるんです。

HSPに当てはまる4つの特性「DOES」とは?|まとめ

4つの特性「DOES」とは?
  1. D:処理の深さ
    →物事を深く考える
  2. O:神経の高ぶりやすさ
    →周囲からの刺激を受けやすい
  3. E:全体的に感情の反応が強く、特に共感力が高い
    →相手に起きたことを、自分のことのように感じる
  4. S:ささいな刺激を察知する
    →周囲のささいな変化によく気付く

提唱者であるアーロン博士によれば、4つの特性「DOES」の全てに該当しなければ、HSPだとは言えないようです。

アオバ
アオバ
じゃあ例えば「D・O・E」の3つにしか当てはまらない人は「HSPっぽい人」ってことになるのかな…?

もしかすると中には「自分はHSPじゃないのか…」と、ショックを受けた方もいるかもしれません。

ただHSPって病気ではないので、結局は自己診断しかできないものなんですよね。

つまり、HSPに当てはまるかどうかは、個人の主観に任されている部分が大きいんです。

アオバ
アオバ
HSPの生き方を参考にすることで救われるのなら、僕はそれでいいと思うんだ!

大事なのは、自分がどう生きていきたいかですから。

HSPの方のブログや本が自身の糧になっているのであれば、無理にやっていることを変える必要は、きっとありません。

ただ、中にはお医者さんの手が必要な病気(うつ病など)が隠れている場合もありますので…

もし思い当たる節があるようでしたら、心療内科などの受診をおすすめします。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

以上、今回は「HSPに当てはまる4つの特性「DOES」とは?」という内容でお届けしました。

こちらもおすすめ!
【生きづらい】HSPとは?特徴や対策を実体験をもとに紹介
【生きづらい】HSPとは?特徴や対策を実体験をもとに紹介人混みが苦手、傷つきやすい、1人の時間がないとダメ…そんな方はもしかしたらHSPかもしれません。ここではHSPの筆者の体験をもとに、HSPの特徴や対処法などを解説していきます。...
【体験記】僕がHSPの症状を自覚したきっかけについて
【体験記】僕がHSPの症状を自覚したきっかけについて「どうやってHSPだとわかったの?」「自分がHSPだと自覚したきっかけは?」という声をもらう機会が増えたので、今回は筆者の体験談を学生編、社会人編に分けて紹介していこうと思います。...
HSPが悩み相談できる友達・気が合う仲間を探すには?【体験談】
HSPが悩み相談できる友達・気が合う仲間を探すには?【体験談】「悩み相談ができる仲間を見つけたい」「悩みを話し合えるHSPの友達がほしい」という方へ。ここでは「HSPでも気が合う友達・仲間を見つける方法」を、筆者の体験も踏まえながら紹介していきます。...